事業計画書 サンプル「ペット用品販売 事業計画書」




事業計画書 サンプル「ペット用品販売 事業計画書」

犬や猫は、今や家族の一員として重要なポジションを占めています。ペットは購入からはじまり、ペットのお墓まで、人間同様様々なビジネス機会を創出しています。

ペットビジネスの詳細はこちら→ペットビジネス

1.ペット用品販売コンセプト

ペットに対する、思い入れは年々深くなり、擬人化の一途をたどっています。
この為、ペットとしての見方を人間同様に尊重されるものとしなければ、ペットビジネスへの参入は難しくなります。ペットを有している人にとっては、家族同様であることから、ファミリーという点というこを主要コンセプトに置かなければならない

2.市場環境

総務省の家計調査(2004年)から算出すると、ペットビジネスの市場規模は1兆192億円、ペット用品5,059億円、生体販売1,148億円、動物病院2,621億円、関連サービス837億円と言われています。
市場規模は格段に広がっており、参入機会が広がっていると言えます。人間に対するサービスや販売商品を応用することで、新たなビジネス機会を作ることも可能です。

現在のペット用品販売では、主にショッピングセンターのペットショップに代表される、ペットの生体販売と用品販売が同時に行われるケースが大部分です。

3.販売品

オシャレなペットウェアーを中心に。ペットのファッション性を高めるアイテムを中心に販売する。

4.販売方法

ネット販売とリアル販売を同時に展開。ネット販売では、遠方のお客様を中心に、品揃えを多く見せる商品量で展開し、リアル販売は、店舗によるお客様との結びつきを強くするため、ペットの散歩が多い公園等の近くに、ドッグカフェ的なコミュニティを中心における店舗を展開します。

5.販売までの流れ

・商品の品揃え選定
・店舗の為の立地調査
・資金調達
・販売スタッフの募集
・ネットショップの立上
・店舗の立上
・集客計画
・販売開始

6.収支シミュレーション(半年から1年分)

・インターネット構築費
・地代
・運転資金
・人件費
・光熱水費
・通信費
・広告費
・原価償却
・売上
など

事業計画書 サンプルに戻る

(Visited 1,348 times, 1 visits today)
facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail