企画書 アイデアの出し方2「放射思考 マインドマップ」




企画書 アイデアの出し方2「放射思考 マインドマップ」

企画を出す上で、重要なことは、
(1)脳にいかにして情報を入れるか
(2)脳に入っている情報をいかに整理するか
(3)脳で整理された情報をどうを企画化、アイデア化できるかという点です。
その脳の活動に即した、思考法が放射思考もしくはマインドマップと言われています。

この放射思考、マインドマップは複数の政府機関、多国籍企業のアドバイザー、大学・教育機関の講師として活躍する、トニー・ブザンによって提唱されている、思考法、ノート術の一つです。

1.放射思考 マインドマップの特徴は?

ものごとを広く、網羅的に捕らえられ、同時に深く掘り下げることもでき、非常にすぐれた思考法であり、ノート術です。
この放射思考は、脳の機能に非常に則していることから、思考そのものが効率化され、新しいアイデアを導きだしたり、記憶力を高めたりすることができると言われています。

2.同時に、複数人で考えることができる。

企画やアイデアは、本来一人の頭の中で生み出されると思われがちですが、複数人で、マインドマップを作成することで、アイデアを生み出すプロセスに多くの人数が参画できます。
このことにより、企業のブレーンストーミングなどで、導入する企業が増えてきています。

整理するという点だけ捉えても、非常にすぐれた形式となる為、ちょっと行き詰った時や、迷った時など、日常生活上でも役立ちます。企画に携わる人をはじめ、子供から大人まではばひろい人の人生そのものに役立つ思考法です。

企画書に戻る

(Visited 812 times, 1 visits today)
facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail