企画書 書き方




企画書 書き方

事業計画を含め、幅広いジャンルで活用できる企画書の書き方を整理してみました。
企画書の大前提として、重要なことは3つあります。

(1)読み手に内容が伝わる(理解)こと
(2)読み手が内容を憶えることができること
(2)読み手を動かす(企画に沿った活動をはじめてもらえる)ことができること

この3つができて、はじめて企画書として完成されたと言えます。
企画があまり通らない、企画が伝わらない、企画が動き始めないなど、企画の受け手に問題があるのではなく、企画そのものに問題があるケースがほとんどです。

では、どうしたらこの3つの項目をクリアーすることができるのか?

1.企画書のタイトルを工夫する
企画書のタイトルはとても重要です。同じ内容が書かれた本であっても、タイトルや見出しが魅力的な本の方が、内容が充実しているように感じるように、企画書もタイトルや見出しで、どれだけ読み手を引き付けることができるかが?後のプレゼンテーションに大きく影響します。
この段階で、読み手を引き付けることができれば、内容も肯定的に捉えられ易くなります。

2. 1ページ1テーマにする
目的、市場背景などを1ページに織り込むのではなく、1ページ1テーマを書くようにします。
文字の量が多いか多くないかが問題ではなく、書かれていることが大切なので、文字が少なくても、1ページに異なるテーマの内容を織り込まないことが読み手の理解を促進します。

3.文章は箇条書きにする
センテンスを短く区切り、一文一内容で伝えるようにします。長い文章はそれだけ読み手の読解の力が必要になります。活字離れが進んでる中で、長い文章を読むことが苦手な人が増えているので、文章は短く書きます。

4.図解は必要最小限にする
挿絵や図解を使用することで、理解が促進されますが、それに頼りすぎないようによする。
挿絵、図解による強力なイメージにより、読み手に対して強い先入観や、挿絵のデザインによって好みが発生するため、余計なところにストレスを発生させない為にみ、挿絵図解は必要最小限にします。

5.具体的にする
書かれている内容が具体的であればあるほど、読み手は企画書の内容をイメージ化することができます。実際に企画が動きはじめた時、何が起こるのか?を理解することができるようにする為にも、具体的にしなければなりません。

・仕事のスピードを早くします←×

・仕事のスピードを上げる為に、いつ、どこで、何を、どれくら、誰が(5W1H)を説明しなければ。読み手はスピードを上げることを理解することができません。

6.仮説・根拠を分ける
仮説で書いてあることなのか?、根拠があって書いてあることなのか?読み手に書いてあることの信頼度合いを伝えます。
思いだけの企画書では読み手は判断することができません。
根拠があることは、根拠となるもの(データ、調査内容)提示し、客観的事実に基づいていることを説明します。

企画書に戻る

(Visited 440 times, 1 visits today)
facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail