事業計画書 見本「雑貨店 事業計画書」




事業計画書 見本「雑貨店 事業計画書」
雑貨店は、住宅街に小さめの店舗を開業しているケースが多く、長年安定した経営できる、店舗の一つです。
最近では、質の高い100均ショップなどが出てきていますが、雑貨店に求められるのは、それぞれのお店の個性ある雑貨で、価格訴求の商品も少なく、これらの要素も安定経営できる要素と言えます。

1.コンセプト例:ナチュラル系の主婦、ファミリー層へ向けた品揃え

雑貨店というと、収納からインテリア、食器まで幅広く商品のバリエーションがありますが、それらを全て、小型の店舗で品をそろえることは不可能であり、ライフスタイルのナチュラル系に絞った品揃えを行います。

2.市場環境

雑貨店は、リテールの出店はほとんど無く、ネットショップが中心となり新しいお店の出店が進んでいます。このため、リテールは店舗は少なく競争環境があまり無いように見えますが、ネットショップとの競争は激しくなっています。

3.ナチュラル系の品揃えを充実

基本的には、ナチュラル系に人気の高い、北欧のインテリア、雑貨を中心に現地へ買いつけに行き、商社経由で輸入されているどこでも入手可能な商品と差別化を行うことで、ナチュラル系商品の品揃えを充実させます。

4.雑貨店 開業までの流れ

・雑貨店の市場調査
・物件を探す
・雑貨の仕入れ
・什器などのインテリア、内装を決定
・ウェブサイトの立上
・集客計画
・雑貨店 開店

5.収支シミュレーション(半年から1年分)

・インターネット構築費
・地代
・運転資金
・初期仕入れ
・人件費
・光熱水費
・通信費
・広告費
・原価償却
・売上
など

事業計画書 サンプルに戻る

(Visited 2,027 times, 1 visits today)
facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail