事業計画書 見本「バー 事業計画書」




事業計画書 見本「バー 事業計画書」
お酒を楽しむ場としての、バーほとんどが、年代物のお酒を用意して、お酒そのものを楽しんだり、お酒を通してコミュニケーションをはかったりします。メニューは、食事は少ない場合が多く、バーの開業は、比較的行いやすいと言えます。

1.コンセプ例ト:本格的なお酒を様々な年代で楽しめるバー

バーのお酒の種類もさることながら、年代によっても取り揃えることで、年代別に飲み比べたり、年代の背景を考えながら飲むことができる、お酒好きを納得させることができるバー

2.市場環境

お酒離れるが広がっているが、ハイボールなどにより、お酒への楽しみ方が再度見直されている。

3.お酒の品揃えを充実

・本格的なお酒を楽しむため、幅広い銘柄を取り揃える
・年代も幅広く取り揃える
・カウンターを中心
・ お酒の知識を共有するテイスティングなどのイベントを実施

4.バー開業までの流れ

・バーの市場調査
・物件を探す
・お酒の仕入れ
・食器、什器などのインテリア、内装を決定
・ウェブサイトの立上
・集客計画
・バー 会合

5.収支シミュレーション(半年から1年分)

・インターネット構築費
・地代
・運転資金
・初期仕入れ
・人件費
・光熱水費
・通信費
・広告費
・原価償却
・売上
など

事業計画書 サンプルに戻る

(Visited 2,801 times, 2 visits today)
facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail