事業計画書 サンプル「ドッグカフェ 事業計画書」




事業計画書 サンプル「ドッグカフェ 事業計画書」
一時期のペットブームは過ぎ去りましたが、生活のうえで家族同様のペット。少子高齢化から、ペット需要はいまだ衰えていません。
また、ペットを通したコミュニティの活性や、ペットの悩みを解決するための各種サービスの提供など、ペット市場も拡大を続けています。

中でも、犬を連れていくことができるドッグカフェが人気を集めています。

1.コンセプト:犬を通したコミュニティ「ドッグカフェ」

数年前から、犬を連れて入れるドッグカフェが出てきましたが、最近ではより数多くのドッグカフェが開業しています。
今や、ドッグカフェは犬を連れて入れるから、犬を中心としたコミュニティ型スペースへと要求が高くなってきています。

このことから、コンセプトは、ドッグソリューションカフェ(犬の悩み解決スペース)とします。

2.市場環境

犬は人ととても身近な存在ではあるけど、まだまだ社会的にペットを連れたまま、パブリックスペースに行くことは難しい状況です。
また、大型犬となると高齢化してくるとひとたび病気をして入院すると莫大な費用がかかるのが現状です。

3.犬の悩みを解決。

・犬用の保険提案
・犬を連れていける旅先案内
・犬の健康を考えた健康提案
を行える、ドッグカフェとしての差別化をはかる。

4.ドッグカフェ開業までの流れ

・保険の種類を選定
・犬に関するあらゆる情報収集
・メニュー開発
・店舗の為の立地調査
・資金調達
・店舗スタッフの募集
・ウェブサイトの立上
・店舗の立上
・集客計画
・販売開始

5.収支シミュレーション(半年から1年分)

・インターネット構築費
・地代
・運転資金
・人件費
・光熱水費
・通信費
・広告費
・原価償却
・売上
など

事業計画書 サンプルに戻る

(Visited 1,599 times, 5 visits today)
facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail