事業計画書 サンプル「サプリ通販事業計画書」




事業計画書 サンプル「サプリ通販事業計画書」

サプリメント業界は、今や市場競争は激化し素材での差別化が難しくなってきています。例えばQ10は一時期の流行の中で売れた商品ですが、今では多くのサプリにQ10は混ぜられて売られています。また、様々な異業種からの市場参入で商品のバリエーションやコンセプトは無数にあると言って良いくらに増えています。

市場環境としては、法規制、消費者の知識や商品選びの選定など厳しくなることとで、商品淘汰が行われると思われます。その中で、どのような戦略で生き残っていくかを検討しなければなりません。

① 商品コンセプト

化学合成された、ビタミンを利用するケースが増えている中で、植物由来の原材料を主として利用することで他社との差別化をはかり、利用者の安全性を第一に考えたセフティーサプリの開発を行っていく。

② 販売コンセプト

利用者に完全に満足をしていただくことを中心に、開発者と直接、応対できるウェブ窓口を設置し、商品に関する不明瞭な点を限りなく小さくすることで、安心して継続利用できるようにする。
販売窓口は、ウェブを中心に展開。

③ 市場環境

大きく分けて無店舗の販売会社と、コンビニ・ドラッグストアで販売するメーカーに別れている。
工場の規定や、エビデンスなど消費者の知識が高まっている。
法的規制による、表現の規制。

④ 集客方法

ウェブでの販売サイトへ集客を行う為に、様々な切り口でサテライトサイトを構築し、販売サイトへの集客を行う。
また、入札価格の低いリスティング広告を発掘し、1顧客あたりの獲得コストを極限まで抑えていく。

⑤ 商品展開

初回販売する商品を購入する顧客動向をチェックして、展開しやすい商材を開発し、提供していく。また、顧客とコミュニケーションを取れるSNSを運営することで、商品の開発を顧客主導で行うことで、ブランドロイヤリティを醸成します。

⑤ 出店までの流れ

・資金調達
・商品開発
・流通の構築
・ウェブサイト構築
・インターネット広告の展開
・販売

⑥ 収支シミュレーション(半年から1年分)

・商品開発費(サプリ、パッケージデザイン、容器等)
・ウェブサイト構築費(通販サイト、サテライトサイト)
・インターネット広告費
・人件費
・光熱水費
・通信費
・原価償却
・売上
など

事業計画書 サンプルに戻る

(Visited 846 times, 1 visits today)
facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail