事業計画書 サンプル「エステ出店事業計画書」




事業計画書 サンプル「エステ出店事業計画書」
エステサロン出店は、日々増加を辿っています。脱毛から、痩身、健康、リラクゼーションまで幅広くなってきています。出店が増加すると共に、競合も多数増え、エステサロンの経営は、転換期にきていると思われます。
そこで、エステサロンを出店するにあたり、どのような事業計画が必要なのか?

1.出店コンセプト

エステサロンはこのエリアではすでに、飽和状態になりつつあります。しかしながら、メンズエステの出店は、ショッピングセンターのインショップに留まっており、都心部でのテナントは未開拓の地と言えることから、都心部オフィス街のテナントを中心に出店。

2.店舗コンセプト

メンズ客の美容健康に意識が高まる中で、展開サービスとして、男を磨くをキーワードに、幅広いサービスを提供できるように、総合サロンを検討。

3.市場環境

メンズエステは、まだ限られた人にしか利用されておらず、これから多くの人が利用しはじめる成長分野と考えられます。
女性のエステ市場はすでに飽和状態であり、医療業界からの参入も相次ぎ、市場は荒れている。

4.集客方法

新規客
集客は、ターゲットとなる富裕層が手に取るフリーペーパー等の雑誌媒体を利用した、認知とプロモーションを行う。
広告内容は、初めての体験を用意に行えるような、お試しプランを全面に出すことと、積極的に来店を促せる仕組みを構築します。

5.メニュー開発

仕事帰りに気軽に足を運べる、ショートコースを設定。
メンズエステには必須となる、ヘアケアコースも検討。
メンズコスメを販売できるよう、カウンセリング力を強化。

6.出店までの流れ

・エリアマーケティング
・資金調達
・店舗内装開発
・スタッフ募集
・メニュー開発
・集客計画
・オープン

7.収支シミュレーション(半年から1年分)

・店舗建築費
・地代
・運転資金
・人件費
・光熱水費
・通信費
・広告費
・原価償却
・売上
など

 

事業計画書 サンプルに戻る

(Visited 4,621 times, 3 visits today)
facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail