事業計画書 サンプル「飲食店出店事業計画書」




事業計画書 サンプル「飲食店出店事業計画書」

ほとんどが、儲からない、出店しても半年で閉店など、市場環境が悪化をたどる飲食店。しかし、店構えがものすごく貧相でもお客様の途絶えることの無いお店、チェーン店FCに加盟しているのにお客様が来ないお店、内装がオシャレでスタイリッシュなのに半年で閉店してしまうなど、市場環境が厳しい中でも、成功していくお店と失敗していくお店があります。

この成功と失敗の差は何に起因しているのか?
飲食店を成功させる事業計画書には何が書かれているのか?

ここに記載された、項目は大体必要なものです、この項目をサンプルとしていただき、自社の事業計画書を書き起こしてください。

1.出店コンセプト

高齢化した地域にて、人との結びつきを強化するに向けて、地域コミュニケーションの中心的な役割を果すために、郊外型で高齢者が、日常的に来店しやすいお店作りを心がける。

2.店舗コンセプト

高齢者が日々、気軽にお店に来店できるように、お店の雰囲気は開放感のある敷居が低いガーデン風のお店作りを行い、スタッフも元気と話を聞くことが上手なスタッフで揃えます。
メニューは、様々な食を体験し舌が肥えているお客様にも満足いただけるように、マクロビオティックなどの健康要素を取り入れた、プチゴージャスなコース料理を中心に展開します。

3.市場環境

現在、郊外型の店舗はファミリー向けの出店が中心となっており、広い駐車場は出店において必須になっている。 地域性を考え店舗というよりは、全国統一されたイメージの店舗展開が多く、味と低価格が集客の大きな要素なっている。集客が悪ければ、退店も早い。集客においては来るか来ないかの2極化しやすく、来ないお店になると、再生、生き残りとも難しい。

4.集客方法

地域有力新聞に折込チラシによるオープン告知、定期的な告知を実施。
地域フリーペーパーでの店舗紹介広告を実施。
オープンは、割引と金券バックによる集客と再来を同時に狙ったクーポンを配布。
定期的な告知は、特別割引メニュー、もしくはクーポン配布による、来店促進を行う。

5.メニュー開発

地元ターゲットモニターを集め会員化することで、常にメニューの味、価格のリサーチを行う。マーケットインのメニュー作りを心がけ、地元に溶け込んでいけるメニュー作りを行います。

具体的なメニュー
○○○  ○○円など

6. 出店までの流れ

・エリアマーケティング
・資金調達
・店舗内装開発
・スタッフ募集
・メニュー開発
・集客計画
・オープン

7.収支シミュレーション(半年から1年分)

・店舗建築費
・地代
・運転資金
・人件費
・光熱水費
・通信費
・広告費
・原価償却
・売上
など

事業計画書 サンプルに戻る

(Visited 2,564 times, 1 visits today)
facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail