事業計画書 サンプル「飲食店出店事業計画書」




事業計画書 サンプル「飲食店出店事業計画書」

美容室の出店件数はここ数年、横ばい状況です。大きな要因としては、スタイリストの減少が一番の要因と考えられます。少子化に伴い、美容学校を卒業するスタイリストが少なくなっり、出店するまでのスタッフ数が揃わなくなってきています。
また、業界特有の現象として、離職率の高さも要因の一つになるのではないでしょうか?

ここの内部充実化も含めた、出店計画を考えなければなりません。
ビジネスとしては、国家資格、誰もが髪を切ることから、地域性が高く安定しているビジネスなので、出店し顧客を一定まで集めれば安定した経営に繋がります。

ここに記載された、項目は大体必要なものです、この項目をサンプルとしていただき、自社の事業計画書を書き起こしてください。

1.出店コンセプト

美容室激戦区へテナント店舗で出店するために、他店と差別化する出店コンセプトとして、メンズも取り込めるユニセックスサロンをコンセプトとして出店します。

2.店舗コンセプト

日々、男性客が美容室へ足を運ぶ人数は多くなってきているけど、美容業界では、従来通りの女性を対象としたサービスのプロセスが中心になっていることから、男性と女性がくつろげるように、カットスペースを男性コーナーと女性コーナーに分け、異性の目を気にせず施術を受けられるような、内装を実現します。

3.市場環境

美容室の数には変動は少なく、小型サロンと大型サロンの二極化が進むんでいる。一人当たりの生産性は頭打ち状態で、高付加価値を生み出しているサロンはいまだに無い。売上を上げる為には、スタッフ数の増加=店舗数の増加という図式を保っている。

4.集客方法

新規客
新規客は、ネットの美容ポータルサイトからの集客がコストパフォーマンスが優れている。しかし、新規オープンの場合は、地域に向けた折込チラシははずせないが、配布枚数に対して集客人数が従来より減っている為、必要客数を稼ぐには、配布枚数を増やすしかない。

既存客
来店サイクルの低下、1人2サロン掛け持ちなど、1人あたりの1年間の来店回数は減ってきている為、来店回数を増加させる為に、来店動機を高める店独自のサービスとして、来店サイクルを高めるプチカット(ちょっとした調整カット)1,000円サービスを導入し、来店回数を上げ、顧客ロイヤリティを高める。

5.メニュー開発

ユニセックスサロンにおける、メンズ専用のメニューと女性専用のメニューを開発し、別々の提案を行うことで、より訴求力を高めていく。
特に、昨今の男性はファッションへの意識が高まっていることから、ビジネススタイルを提案できるスタイリストの育成を行う。

6.出店までの流れ

・エリアマーケティング
・資金調達
・店舗内装開発
・スタッフ募集
・メニュー開発
・集客計画
・オープン

7.収支シミュレーション(半年から1年分)

・店舗建築費
・地代
・運転資金
・人件費
・光熱水費
・通信費
・広告費
・原価償却
・売上
など

 

事業計画書 サンプルに戻る

(Visited 949 times, 1 visits today)
facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail