事業計画書 サンプル「ネット通販事業立上げ」




事業計画書 サンプル「ネット通販事業立上げ」

 

ネット通販事業を立ち上げる為に、どのような事業計画書のストーリーを書けば良いのか?ここにサンプルとして、一例を書きます。

概要的なサンプルなので、実際はこのストーリーにそって、肉付けしたものが事業計画書となります。
仕上げは、1項目1ページをパワーポイント等で仕上げると、より見映えがする形になります。

1.ネット通販事業の目的

ネットユーザーである30代の独身男性客に向けて、ホビーに特化した通販サイトを立上げ、月商200万円の売上を獲得します。

2.コンセプト

30代独身男性のホビーライフを充実させるコンシェルジェ的ホビー商品通販サイト

3.市場環境

ターゲット
・独身30代男性の1日あたりのインターネット接続時間は平均1時間程度
・独身30代のホビーに使う1ヶ月の金額は平均6万円程度

自社
・独身30代に向けた、ホビー商品を多数有している
・インターネット通販に対応する流通を有していない

競合
・カテゴリーに細分化されたホビーサイトが多い
・オークションでの個人取引が多い

4.通販サイト概要

・サイト内容
ホビー商品は、多岐にわたり在庫を抱えることが一番のリスクになる。このことからドロップシッピングの仕組みを取り入れ、自社商品に不足している商品郡をフォローする形で、幅広いホビー商品を取り揃えます。

・商品受注・発送
ネット注文を中心とし、電話、発送はアウトソーシングすることで、人材獲得の手間、経費を省く

・集客
集客は、SEOとリスティングによるSEMを中心に行います。
ロングテールキーワードに対するSEOを中心に行い、ビッグキーワードでの競争は行わない。
リスティングはロングテールキーワードを中心に行うことで、ワンクリックコストを抑えます。

・顧客管理
顧客管理はデータベースを構築し、定期的にサイトへアクセスする仕組みと、欲しいものを見つけやすい環境づくりの為に、ホビーSNSとメルマガによるリピート購入を促進します。

5.業務フロー

注文から発送までの業務フローは
・ネット、テルによる注文
・注文確認メールを自動で返信
・在庫確認後、発送確認メールを注文客へ配信
・所定の口座への入金確認
・入金確認後お礼メールの発送

6.収支シミュレーション

イニシャル
・サイト立上げ20万円
・人件費50万円

ランニング
・サイト管理10万円
・人件費30万円
・商品仕入れ80万円

損益分岐点
・120万円

月間売上目標
・200万円

 

事業計画書 サンプルに戻る

(Visited 7,727 times, 1 visits today)
facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail