競合分析




競合分析
会社運営、マネジメントの要、事業ビジョン、事業コンセプトに必要な項目をフォーマット・雛形として整理しました。

競合分析は、競合がどんな戦略で市場をマーケティングしているのか?どんな方法で事業を成功させようとしているのか?それらを分析し、競合を上回る、もしくは競合とは違う競争優位性を見つけるための分析です。

以下に、一般的な項目をフォーマット・雛形として書いておきます。
このフォーマット・雛形に沿って考えて、書き起こせば、簡単に競合分析を整理することができます。

1.競合の概要

どのような企業が競合にあたるのか?競合の売上規模、活動エリア、商品、サービス、パートナー企業などを整理し、競合を把握します。

2.競合の立地条件

リテールであれば競合が出店している地域を把握し、商圏が被る、被らない、周辺の人口動態、地域特性などを把握します。
ネット上の競合であれば、SEOやリスティング広告の出稿キーワード等をチェックします。

3.競合のマーケティング環境

広告の手法、 折込チラシ、交通広告、DM、イベント、セールスプロモーション、ウェブサイト、ブログなどどのようなツールを使い、どのようなメッセージを送っているかを把握します。

4.競合の力関係

複数競合がある場合は、順位付けを行いもっとも脅威となる競合を理解し、勝負するか、避けるのかを把握します。

5.競合の将来性

勢いがあるのか?衰退しているのか?競合の将来動向を把握します。

これらの要素から、事業にとっての競合分析を行うことができます。これらの質問、全てに応える必要はありません。可能な範囲応えることで、競合分析が見えてきます。またすぐに答えが見つからなくても、自問自答を繰り返す、会議を繰り返すことで、言葉固まってくることもあります。

フォーマット・雛形に戻る

(Visited 886 times, 1 visits today)
facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail