会社概要 テンプレート 雛形




会社概要 テンプレート 雛形

一般的な会社概要に必要な項目をテンプレート・雛形として整理しました。

会社概要には、一般的に必要な項目があります。全てを書かなくても構いませんが、書けるものは全て書いてあるほうが読み手に対して、親切であると言えます。多くの会社概要を見慣れている人が見ると、一部内容が無かったりすると、様々な疑問感を抱かせてしまうので、内容のモレには十分注意する必要があります。

以下に、一般的な項目をフォーマット・雛形として書いておきます。
このフォーマット・雛形に沿って考えて、書き起こせば、簡単に会社概要を整理することができます。

1. 設立

会社がいつできたのか?社歴がどれくらいある会社なのか?時間的会社の力を示す一つの指針になりますが、短くても、長くても必ず書くようにしましょう。

2. 代表者氏名

代表取締役社長は必ず書く必要があります。その他の役員もできる限り書いた方が会社の信頼が高くなります。
親族が役員をやられているような場合は、書かないケースが多くあります。
あくまでも、経営に事実的に関わっている役員を書きましょう。

3. 事業内容

当然のことですが、主な事業を全て書くことが望まれます。
具体的に、どのような事業に取り組んでいるのかを書きます。
150文字前後で、整理すると読みやすくなります。

4. 資本金・売上

資本金・売上を書きます。この数字によって、企業規模は判断されがちなので、昨年、本年、見込みとここ数年の時系列に沿って、書くケースが増えてきています。

5.沿革

設立から現在まで、会社がどのように変化したのか?どのような経緯を辿ったのか第三者から見ると、会社を時間軸に沿って客観視できる情報の一つです。可能な限り詳しく書いた方が良いと言えます。

6.営業所、店舗数(所在地)

営業所がどこにあるのか?どれくらいあるのか?また、店舗を有する事業であれば、何店舗をどこに有しているのかを、説明します。
また、本社所在地もここに書きます。

7. 従業員数・パートアルバイト数

会社でどれだけの人が働いているのか?売上等と見比べることで、生産性や業務の状況を簡単に推測できる数値になりますので、特に従業員数は、記入することが望まれます。

フォーマット・雛形に戻る

(Visited 1,557 times, 1 visits today)
facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail