ターゲット分析




ターゲット分析
会社運営、マネジメントの要、事業ビジョン、事業コンセプトに必要な項目をフォーマット・雛形として整理しました。

何においても、ターゲットの分析はとても大切です。ここでズレてしまうと、後の計画に大きく影響を与えてしまいます。

以下に、一般的な項目をフォーマット・雛形として書いておきます。
このフォーマット・雛形に沿って考えて、書き起こせば、簡単にビジョン、コンセプトを整理することができます。

1. ターゲットの選択

この事業におけるターゲットは誰なのか?どんな職業、趣向、性別などまずは、ターゲットを絞るところから行います。
このターゲットの選択こそが、事業計画、企画を考える上でもっとも重要です。

2.ターゲットの行動特性

事業計画、企画の上でのターゲットには、仕掛ける側が意図した動きを出してもらう為に何がきっかけとなるのか?を理解しておかなければなりません。
割引、品質、ステイタス(自己顕示欲)、社会奉仕など様々な行動特性を理解しておかなければなりません。

3.ターゲットの人格・性格

怒りっぽい、優しい、リーダーシップを発揮する人、群れる人、ギャル、流行を追いやすいなど、どのような人格を持っているのか?を理解して接触を行わなければなりません。

4. ライフスタイル

ターゲットはどんな生活を送っているのか?スローライフ、ロハス、リッチ、低所得、富裕層、集合住宅、戸建て、マンション、趣味などを理解することで、コミュニケーションが計画しやすくなります。

5. ターゲットとの付き合い方

ターゲットは年数をおうこごとに、歳を重ねます。考え方や、ライフスタイルも変化しますが、それに合わせて事業はおいかけるのか?新たに、そのターゲットとなってくる層を狙うのか?考えておかなければなりません。

これらの要素から、事業にとってのターゲット分析を行うことができます。これらの質問、全てに応える必要はありません。可能な範囲応えることで、ターゲット分析が見えてきます。またすぐに答えが見つからなくても、自問自答を繰り返す、会議を繰り返すことで、言葉固まってくることもあります。

フォーマット・雛形に戻る

(Visited 424 times, 1 visits today)
facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail