事業計画策定の6つのチェックポイント


 

事業計画策定の6つのチェックポイント

※事業の特性や内容によっては、必要の無い項目もあります。

1.事業そのものが明確化されているか?
自社は何をやる会社なのかを徹底的に追求し、一言で言い表すことができるくらいに、シンプルで研ぎ澄まされた言葉に落とし込みます。
事業が多岐にわたっていても、新奇性の高い事業であろうと、聞く側にとって、その事業が複雑であれば理解することができません。

2.将来のビジョンが書かれているか?
半年後、1年後、3年後、事業はどうなっているのか?会社を導く方向をビジョンとすることで、今現在から会社がどう発展するのかを書き表します。ビジョンを文字で落とし込むことで、曖昧になりがちなビジョンをはっきりとしたビジョンへと精査していくことができます。
3.ビジョン実現までのプロセスが書かれているか?
ビジョンに対して、必ず必要なのがプロセスです。ビジョンだけでは夢となり、机上の空論となってしまいます。ビジョン実現までのプロセスを明確にあらわすことで、スタッフは何を行えば良いのかを理解することができます。この為、プロセスとは、社員が見て、もしくは第三者が見て、何を行うことで、ビジョンの達成ができるのかを理解することができなければなりません。
4.人財から見た事業が書かれているか?
人財の獲得から、現在抱えている人財のキャリアステップが書かれているか?今後社員は何人になり、人件費はどのように変化するのか?また、組織そのもの構造はどう変わり、管理されているくのかと、事業を推進する上で、無くてはならない人財がどのように変化するのかが理解できなければなりません。

5.商品・サービスの展開が書かれているか?
商品開発から販売まで、サービス開発から実際のサービス提供まで、また競争要因に対しての開発、また販路獲得を行いどれだけ市場を押さえていくのか?マーケティング計画が理解できなければなりません。
6.計数計画が解り易く書かれているか?
売上、経費、収益と基本的な数字がわかりやすく書かれているか?収益を確保できた場合、できなかった場合ビジョンにどう影響するのか?また計画通り行かなかった場合、会社はどうなるのか?目標達成70%、100%、120%と3つのシナリオにて、将来を予測する必要があります。
また、達成率から多き離れた結果を出したようであれば、計画そのものが現実離れしていたことになります。

(Visited 729 times, 1 visits today)
facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail