事業計画書の期間


 

① 短期事業計画書(半年から1年)

まずは、自社内における、早期解決課題を抽出すると共に、半年以内に解決できる問題・課題を中心とした計画書を作成します。

② 中期事業計画書(1年から3年)

会社全体の現状と、将来的なビジョンに向けて、準備、革新を実施していくための、総合的な計画書の作成をします。

③ 長期事業計画書(3年から5年)

市場動向の変化から、会社が持続的成長が行えるポジショニング戦略を模索し、将来的な会社のビジョンを描きます。

(Visited 333 times, 1 visits today)
facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail