事業計画書 書き方 ビジョン


改めてビジョンと言われると、とても抽象的な言葉で具体性に欠ける言葉ですが、経営における経営ビジョンや、事業計画書におけるビジョンは、これから新たな事業を始めたり、新しい事業計画を実行する上でとても重要なものとなります。
事業計画書
ビジョンとは、将来像、将来のあり方、価値観など広い意味を包括している言葉です。ビジョンを策定する上でもっとも大切なことは、関わる多くの人を引き付けるものでなければならないということになります。

例えば、この事業を推進することで、従業員満足度No1企業という価値を掲げたとしたら、従業員が満足するか?という点にあります。
この、従業員満足度No1企業という言葉だけでは、不足していますので、この言葉を下支えする、残業禁止、年間休日140日、平均給料600万など、どのような状態なのか?というが理解できなければなりません。

このビジョンを掲げることは、従業員満足度を高める為に、新規事業へ取り組む、新たな事業を始めるということになります。

このように、ビジョンは曖昧であり、具体的でもなければならない為、言葉の意味が事業推進中にブレたりしがちですが、マネージャーがしっかりと意味を理解し、ビジョン実現に向けて、事業推進を行わなければなりません。

その他のビジョンとしては、
・市場シェア30%を目指す
・顧客1万人
・売り上げ5億円など、様々なビジョンが存在しています。

大切なのは、ビジョンに関連する人が、引き付けられる魅力あるものか?ということです。

(Visited 581 times, 1 visits today)
facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail