事業計画書 書き方 ターゲット分析


ターゲット分析は、事業上のターゲットとする対象を分析し理解することです。
事業計画書

ターゲットについて
 
ターゲットとは、営業対象のことを、戦略的な言葉でターゲットと言いますが、営業対象として捉えるとわかりやすいと思います。
営業対象では、一般的な消費者や、特定の業種、地域にある企業など様々な分類できるものがターゲットとしての対象となります。

一般消費者の場合は、年齢、性別、地域、役職、年収、業種、趣味などで選別することで、ターゲットの対象をはっきりさせます。

具体的にすると、30代男性、名古屋に住む管理職、年収500万円以上のプロファイルを持つ消費者がターゲットとなります。

ターゲット分析について

対象となるターゲットがどのような行動をしているかを理解します。たとえば、見ている雑誌、利用する交通機関、よく行くゴルフ場、住んでいる地域、よく行くレストラン、居酒屋、着ている服、靴、買い物に行く店など消費行動等を理解することで、事業を優位に進めるための戦略立案材料とします。

(Visited 636 times, 1 visits today)
facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail