事業計画とは?


企業を成長させる、全ての計画を包括しています。
起業、新規事業、既存事業の再構築、マーケティング計画、ブランディング計画、人事計画、商品開発など、企業の活動、事業の活動に関する全てを方向付ける根本の計画になります。
基本的には、短期、中期と2種類の事業計画を用意する企業が多くありますが、まだまだ事業計画そのものを用意しない企業も多数あります。

様々な企業で、場当たり的に新規事業を始めてしまうケースが多々ありますが、多くが失敗に終わってしいます。
そこで、事業計画が無いと何がおこるのか?
事業計画は、いわゆる経営上の地図になります。
地図が無い状態で、目的地に向かうことになり、登る山を間違えたり、道に迷ったり、事故が起きたりとあらゆる面で、経営資源をすり減らし、リスクが格段に高まります。
一つの地図、事業計画の役割として、計画的な事業推進と、リスクに対する管理が行え、数々の問題に対して、社員一丸となって同じ方向に向かうことができます。地図が無ければ、社員は思い思いに行動を起こし、ある社員は道に迷い、ある社員は途中下車したりと、バラバラになってしまいます。

このことから、事業計画には3つの必要要素があると言えます。

■一つ目は、企業の未来(ビジョン)を描く物語を表していること

■二つ目は、社員の結束を固めビジョン達成に向けたプロセスが書いてあること

■三つ目は、資源(財務的な)管理を行い、計画的経営を行う基礎となること

逆にこの3つが解らない事業計画は、意味の無い事業計画となります。
解り易い事業計画を書くことにより、資金調達やステイクホルダーへの事業理解が容易に行われます。

(Visited 951 times, 1 visits today)
facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail